大阪アメ村クラブゴースト GHOST

CHOOSE THE COUNTRY

大阪アメ村クラブゴースト GHOST

SCHEDULE

6.19 FRIDAY

LOYAL

OPEN
22:00 - 5:00
FEE

Special Cover for Women Only 700YEN with One Drink Included

MUSIC
OPEN FORMAT
MUSIC by
DJ LEAD / DJ Martin / DJ DANBO / DJ AR / DJ G Force
Performing Live
Red Eye / Kvi Baba
Birthday Bash
DJ LEAD & DJ DANBO

<10PM - 1AM>
MEN 1000YEN with One Drink Included
WOMEN 700YEN with One Drink Included

<1AM - 5AM>
MEN 2000YEN with One Drink Included
WOMEN 700YEN with One Drink Included

<22:00 - 1:00>
男性 1000円 (1ドリンク付)
女性 700円 (1ドリンク付)

<1:00 - 5:00>
男性 2000円 (1ドリンク付)
女性 700円 (1ドリンク付)

Red Eye
大阪府出身のラッパー。
2017年 第12回高校生ラップ選手権初出場。若干15歳という若さでベスト4に入りその名を全国に広げた。

その後、2018年に行われた第14回高校生ラップ選手権で準優勝を飾った後、全国各地をライブで回る。

2019年 自身の楽曲【少年A】【Dear Family】はHIPHOP、ラップジャンルでiTunes一位を獲得。
その後第16回高校生ラップ選手権で優勝し後に行われたワンマンライブのチケットは追加公演含め即完。

reggaeとHIPHOPのハイブリッドというオリジナルなスタイルで日々精力的に音楽活動を行っている。

■Instagram
Click here!

Kvi Baba
1999年生まれ20歳、大阪・茨木出身のラッパー / シンガーソングライター。2017年よりSoundCloud上で立て続けに楽曲を発表し音楽活動をスタート 。トラップ 、クラウド・ラップ 、オルタナティブ・ロックから影響を受けたというメロディックなラップスタイルと、内省的かつ鬱屈した心情を歌ったリリックが特徴。ルーキー・イヤーとなった2019年は、2枚のEPと1st Full Album 『KVI BABA』をリリース。Apple Music 『今週のNEW ARTIST』、 SPACE SHOWER TV 『SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE』、YouTube 『YouTube Music Session 2019』、Spincoaster『NEXTCOMING 2020』と、様々な主要メディアで最注目ニュー・アーティストとして選出。その他にも、SALUやZORNといった国内のHIP HOPシーンを代表するアーティストとのコラボレーション。Red Bullがキュレートする人気のマイクリレー企画 『RASEN』に参加するなど、目覚ましい活躍をみせている。エモーショナルという言葉が ジャストにフィットしたアーティストである。

Kvi Baba, born in Osaka in 1999, is a 20 year old singer/songwriter. Since getting his start releasing his first track on SoundCloud in 2017, he has continued to regularly release new tracks on the platform. He is noted for his trap, cloud rap, and alternative rock influenced melodic rap technique, as well as his introspective and often dark lyrics. He released limited-edition EPs in both February and March of 2019 and was selected for the weekly “New Artist Spotlight” on Apple Music and SSTV’s “Power Push.” In September 2019, he released his first album, “KVI BABA.”He is fittingly frequently branded as an ‘emotional’ artist.

■Instagram
Click here!

DJ LEAD
Since 1998, Lead has experienced a variety of opportunities throughout his career as a DJ in Japan. In 2008, he joined the New York based Hip-Hop DJ crew, The Heavy Hitters who are considered to be one of the most respectable and influential DJ crews in New York.
In 2013, Lead began hosting his own weekly program called "International Hour" making him the first foreign DJ on HOT 97 FM, the most demanded radio station in the home of Hip-Hop, New York City.
He has also collaborated with a variety of international and local artists such as "Jim Jones & AI" and "Maino & Anarchy" creating many local smash hits including the song "Live My Dreams" which went to the top of Japanese iTunes charts beating Lil’ Wayne and Nicki Minaj for six weeks straight. Lead also regularly releases mix tapes from major labels including his Def Jam 30th Anniversary Mix which made him one of the most influential DJs in Japan.

In 2014, Lead made his SUMMER JAM debut which was a great accomplishment in his career. Now he plays open format sets at clubs and events internationally with the mission of bridging the gap between Japan and the rest of the world.

1998年からの多岐に渡る国内活動を経て、2009年にNYを拠点とするトップDJ集団=The Heavy Hittersに日本人として初めて正式加入。
2013年には世界で最も権威あるNYCのヒップホップFMステーション=「Hot97」で自身のレギュラー番組「International Hour」をスタート。
外国人としては初となる快挙を成し遂げた。

楽曲制作においてもその実力を発揮。
Jim Jones&ai、Maino&ANARCHYなど、国内外問わずDJ LEAD独自の目線でアーティストをフューチャーし、極上の楽曲を世に送り出している。
また、Warner MusicでのHot97 Official MIXCD、Universal MusicからDefJam 30周年記念MIXCDをリリース。

また、DJ LEADの世界的人気を決定付けた世界最大のHIPHOPフェス「HOT97 SUMMER JAM」 2014、2015と2年連続の出演を始め、
国内最大のアーバン・フェスSPRINGROOVE、さらにはUS/ヨーロッパ/アジアツアーなど、世界を縦横無尽に飛びまわる。
現在では、HOT 97 SUMMER JAM TOKYOの看板DJとして、日本のシーンをダイレクトに繋ぐ「世界を知るDJ=シーンの最重要人物」として、
唯一無二の地位を築き上げている。

■OFFICIAL SITE
Click here!

■Instagram
Click here!

DJ IMAI
90年代半ばより、京都を拠点にクラブDJとしての活動を開始。そこから僅か2年余りで頭角を現し、メジャー・アーティスト、DELIGHTED MINTのBack DJとして抜擢されるなど関東圏でも精力的に活動、貴重な経験を得ると共に、シュアなスクラッチ、巧みなMixセンスを武器にDJ IMAI独自の世界観、Grooveを産み出すDJプレイが好評を博し、関西全域、様々なBig PartyでのメインDJを歴任、クラブ・フィールドでの信頼を不動のものとする。
そして2003年には、それまでの長いキャリアで培ったDJとしての拘り、センスを余すことなく詰め込んだ処女作Mix Tape、『FLOOR』をリリース。
初の作品としては異例の好セールスを記録すると、2005年末にリリースされた新たなMix、『THE BEST OF 2005 LUXURY LOUNGE』は発売一週間で瞬く間に完売、全国の大型CD Shop、レコード店でも軒並みランキング上位にチャート・イン。
以降、現在に至るまで『LUXURY LOUNGE』シリーズは毎月中旬にリリースされ、驚異的なセールスを記録し続けている。
同作品中での、膨大なリリース量の中から良質な楽曲のみをチョイス、巧みに構成していくDJとしてのセンスとクリエイティヴィティ、それら全てのバック・グラウンドとなるBlack Music全般に及ぶ深い知識、優れた音楽性は、彼の作品が長年に渡ってリスナーを飽きさせる事なく、突出した支持を集め続ける大きな根拠として挙げられるだろう。
こうしたDJとしての経験、スキル、知識を優れた作品としてパッケージングする、豊かな才能に加え、優れたDJにとって必要な要素を高次元で兼ね備えたマルチな活動を展開、
今後もアーティストとしてよりスケールを増しながら、偏らない、骨太なスタンスで彼自身が10年以上にも渡って魅了され続ける類い稀なストリート・カルチャー、"HIPHOP"の醍醐味をリスナーへとダイレクトに伝えていくDJ IMAIの活動は、今後も全国の熱心なリスナーたちを魅了し続けていくはずだ。

■Twitter
Click here!

■Instagram
Click here!

DJ Martin
オーストラリアで1年間、ニューヨークで6年間、シンガポールで2年間。現在はアジア圏全域で活動中のインターナショナルDJ。

 基盤となっているのはNYCで培ったDJ生活。HIPHOPをバックグラウンドにしたオープンフォーマットのDJスタイルで一流を極め、その洗練された現場力で常に高レビューを獲得。特に、ディティールに拘るセレブ達のコミュニティで人気を独占してきた。

 オファーは世界中のストリートクラブはもとより、NYC最大級の集客人数を誇る大箱群、マンハッタンの”超”がつく程の高級クラブ、そして米大御所セレブ達のプライベートパーティーから一流大手企業のプレスパーティーまで。MARTINの客層レンジは日本で想像できものとは到底レベルが違うのだ。
 特に、レジデントDJの座を担ってきたクラブ名の列挙には驚愕する。
 USでは1OAK NYC , UP And Down , Avenueを始め、今や伝説となったPACHA、そしてPHDまで業界トップスラスの狭き門で活躍。
 その後の渡星生活では、東南アジア屈指の高級ラウンジクラブ CÉ LA VI Singaporeのレジデントにも就任。更にはULTRA KOREA、JAPANといった大規模フェスにも出演を果たしている。

 今日も世界の何処かでとびきりクールなパーティーフロアを任されているだろうMARTIN。グローバルに飛び回る華麗な日々の謳歌は続く。

An international DJ well known throughout the Asian region, Working for two years in Singapore, one year in Australia, and six years in New York. While in New York, Martin gained a renewed mastery of his craft, Developing a strong reputation as one of the best open-format DJs.

With a background in Hip-Hop and a keen ear for music, he is able to comfortably play a wide range of genres. Including but not limited to, Funk, Rock, Disco and House. His Intuitive and sophisticated ability to be in tune with the audience, has made him very popular with celebrities and high-end venues.

Martin’s customer range goes beyond what is imagined in Japan. He has been highly requested to perform at private luxury parties, Super V.I.P. clubs, and stadium concerts where he has played for major American celebrities. His Busy schedule makes sure he delivers high-quality performances and unforgettable experiences at every event.

In the USA, DJ Martin is very active, often playing at some of the most popular venues including, 1OAK NYC, UP And Down, Avenue, and the legendary PACHA and PHD. Outside of the USA, he is resident DJ at one of Southeast Asia’s finest luxury lounges CÉ LA VI Singapore. And has performed at large-scale events such as Ultra Music festivals in Korea and Japan.

DJ MARTIN will always be playing at impressive parties around the world. With his high level of skill, he will deliver the best performances where ever he goes.

■OFFICIAL SITE
Click here!

■Instagram
Click here!

DJ DANBO
1990年代後半、スケボー、バンド活動といったストリート・カルチャーにハマり続けた末に「DJ」という表現手段に出会い、未だ高校生であった16歳にしてそのキャリアをスタート。
同世代の仲間たちと地元シーンで500人オーバーのHIPHOPパーティーを作り上げるなど瞬く間に頭角を表し、
現在、京都アンダーグランド・シーンを牽引するHIPHOPグループ、BONGBROSの前身として知られるIMP、KCYBのライヴDJとしても活動。
着実にキャリアを積む中で大阪からのムーヴメントとして全国を席巻していたD-ST ENTERTAINMENTとの交流を深め、21歳にしてDOBERMAN INCのライヴDJに抜擢される。
同時期には日本最長記録を持つ京都発のモンスター・パーティー「ESSENTIAL」に参加、
DJ SANCONと共にMIX CDを毎月リリース。
更には「INFINITY D-ST. - Limited Edition」、「BONG BROS - THE PAINS OF CHILDVERSE」 
といった作品にスクラッチで参加するなど、制作面でもスキルの高さを証明し、京都シーンに欠かせないDJとして確かなPROPSを集めるに至った彼は、
2013年にはDJ LEAD(THE HEAVY HITTERS)手がける京都を代表するパーティー「BUTTERFLY SATURDAYS」へと参加、他にもBUTTERFLY KYOTOでの主要パーティーを歴任。
そして2016年には新たな夏の風物詩、国内シーン屈指のHIPHOPイベント「SUMMER JAM TOKYO」でのDJをこなし、DJ BIG BENと親交を深めるなど地元関西から関東圏、世界へと次第に活動フィールドを広げ、
2017年にはNYツアー(SLATE NY , HIGHLINE BALLROOM , ATTIC , LIBATION、全4公演 )、JAPANツアー ( TOKYO HARLEMを含む全7公演)を実現させる。
こうした様々なフィールドで経験を重ね、「現場主義」をモットーに年間200本以上のクラブ・プレイを常時こなす彼のプレイ・スタイルは、ダンス・フロアに集うオーディエンスのレスポンスを第一に考えながらも、巧みなスクラッチ、二枚使いなども交えて新旧の楽曲を自在に織り交ぜていく柔軟なものだ。
時に大胆、時に繊細なスキルで生み出されるDJ DANBOのプレイでしか味わえないGROOVE感を、是非現場で体感して欲しい。

■Instagram
Click here!

DJ AR
2008年にHiphop、R&B Musicと出会い、2010年から地元となる大阪府貝塚市、泉州地域を拠点としてDJ活動をスタート。その後、2012年からは日本国内でも有数のClub激戦区である大阪ミナミに拠点を移し、「Glister ENT」に所属(2014年)。
以降、Genreにとらわれることなく関西主要Clubでの週6〜7本以上のDJをこなし頭角を現すと、2016年には大阪発の大型音楽フェス「MUSIC CIRCUS」、「NEON SPRUSH RUSH」へと参加。
新たなる可能性を求めてフリーでのDJ活動へと転身した後、2017年にはDJ LEAD(Heavy Hitters)率いる日本国内の主要都市、New York、アジア各国で活躍する著名DJ、敏腕プロモーターたちが名を連ねる「Arumatiks」へと加入。
現在は西日本を代表するHiphop、R&B、Club Musicの発信源「GHOST ultra lounge」(アメリカ村)にて自らがオーガナイズするWeekly Party「ANSWER」(毎週水曜日)をスタート。
同Clubのヘッド・ライナーDJとしては異例の若さでの抜擢で、
平均年齢20台前半のフレッシュなDJ陣と共に、新感覚のオープン・フォーマット・スタイルでのPartyを提示。次世代Club Sceneを担うDJの筆頭格として将来を嘱望されている。

■Instagram
Click here!

■Twitter
Click here!

totop