大阪アメ村クラブゴースト GHOST

CHOOSE THE COUNTRY

大阪アメ村クラブゴースト GHOST

SCHEDULE

10.9 FRIDAY

LOYAL

OPEN
22:00 - 5:00
FEE

Special Cover for Women Only 700YEN with One Drink Included

MUSIC
OPEN FORMAT
Music by
DJ DANBO / DJ KAZUYA / DJ AR / DJ FreshNess-Cut / DJ mosaic / DJ Roberto

<10PM - 1AM>
MEN 1500YEN with One Drink Included
WOMEN 700YEN with One Drink Included

<1AM - 5AM>
MEN 1500YEN with One Drink Included
WOMEN 700YEN with One Drink Included

<22:00 - 1:00>
男性 1500円 (1ドリンク付)
女性 700円 (1ドリンク付)

<1:00 - 5:00>
男性 2500円 (1ドリンク付)
女性 700円 (1ドリンク付)

DJ LEAD
Since 1998, Lead has experienced a variety of opportunities throughout his career as a DJ in Japan. In 2008, he joined the New York based Hip-Hop DJ crew, The Heavy Hitters who are considered to be one of the most respectable and influential DJ crews in New York.
In 2013, Lead began hosting his own weekly program called "International Hour" making him the first foreign DJ on HOT 97 FM, the most demanded radio station in the home of Hip-Hop, New York City.
He has also collaborated with a variety of international and local artists such as "Jim Jones & AI" and "Maino & Anarchy" creating many local smash hits including the song "Live My Dreams" which went to the top of Japanese iTunes charts beating Lil’ Wayne and Nicki Minaj for six weeks straight. Lead also regularly releases mix tapes from major labels including his Def Jam 30th Anniversary Mix which made him one of the most influential DJs in Japan.

In 2014, Lead made his SUMMER JAM debut which was a great accomplishment in his career. Now he plays open format sets at clubs and events internationally with the mission of bridging the gap between Japan and the rest of the world.

1998年からの多岐に渡る国内活動を経て、2009年にNYを拠点とするトップDJ集団=The Heavy Hittersに日本人として初めて正式加入。
2013年には世界で最も権威あるNYCのヒップホップFMステーション=「Hot97」で自身のレギュラー番組「International Hour」をスタート。
外国人としては初となる快挙を成し遂げた。

楽曲制作においてもその実力を発揮。
Jim Jones&ai、Maino&ANARCHYなど、国内外問わずDJ LEAD独自の目線でアーティストをフューチャーし、極上の楽曲を世に送り出している。
また、Warner MusicでのHot97 Official MIXCD、Universal MusicからDefJam 30周年記念MIXCDをリリース。

また、DJ LEADの世界的人気を決定付けた世界最大のHIPHOPフェス「HOT97 SUMMER JAM」 2014、2015と2年連続の出演を始め、
国内最大のアーバン・フェスSPRINGROOVE、さらにはUS/ヨーロッパ/アジアツアーなど、世界を縦横無尽に飛びまわる。
現在では、HOT 97 SUMMER JAM TOKYOの看板DJとして、日本のシーンをダイレクトに繋ぐ「世界を知るDJ=シーンの最重要人物」として、
唯一無二の地位を築き上げている。

■OFFICIAL SITE
Click here!

■Instagram
Click here!

DJ DANBO
1990年代後半、スケボー、バンド活動といったストリート・カルチャーにハマり続けた末に「DJ」という表現手段に出会い、未だ高校生であった16歳にしてそのキャリアをスタート。
同世代の仲間たちと地元シーンで500人オーバーのHIPHOPパーティーを作り上げるなど瞬く間に頭角を表し、
現在、京都アンダーグランド・シーンを牽引するHIPHOPグループ、BONGBROSの前身として知られるIMP、KCYBのライヴDJとしても活動。
着実にキャリアを積む中で大阪からのムーヴメントとして全国を席巻していたD-ST ENTERTAINMENTとの交流を深め、21歳にしてDOBERMAN INCのライヴDJに抜擢される。
同時期には日本最長記録を持つ京都発のモンスター・パーティー「ESSENTIAL」に参加、
DJ SANCONと共にMIX CDを毎月リリース。
更には「INFINITY D-ST. - Limited Edition」、「BONG BROS - THE PAINS OF CHILDVERSE」 
といった作品にスクラッチで参加するなど、制作面でもスキルの高さを証明し、京都シーンに欠かせないDJとして確かなPROPSを集めるに至った彼は、
2013年にはDJ LEAD(THE HEAVY HITTERS)手がける京都を代表するパーティー「BUTTERFLY SATURDAYS」へと参加、他にもBUTTERFLY KYOTOでの主要パーティーを歴任。
そして2016年には新たな夏の風物詩、国内シーン屈指のHIPHOPイベント「SUMMER JAM TOKYO」でのDJをこなし、DJ BIG BENと親交を深めるなど地元関西から関東圏、世界へと次第に活動フィールドを広げ、
2017年にはNYツアー(SLATE NY , HIGHLINE BALLROOM , ATTIC , LIBATION、全4公演 )、JAPANツアー ( TOKYO HARLEMを含む全7公演)を実現させる。
こうした様々なフィールドで経験を重ね、「現場主義」をモットーに年間200本以上のクラブ・プレイを常時こなす彼のプレイ・スタイルは、ダンス・フロアに集うオーディエンスのレスポンスを第一に考えながらも、巧みなスクラッチ、二枚使いなども交えて新旧の楽曲を自在に織り交ぜていく柔軟なものだ。
時に大胆、時に繊細なスキルで生み出されるDJ DANBOのプレイでしか味わえないGROOVE感を、是非現場で体感して欲しい。

■Instagram
Click here!

DJ KAZUYA

■Instagram
Click here!

DJ AR
2008年にHiphop、R&B Musicと出会い、2010年から地元となる大阪府貝塚市、泉州地域を拠点としてDJ活動をスタート。その後、2012年からは日本国内でも有数のClub激戦区である大阪ミナミに拠点を移し、「Glister ENT」に所属(2014年)。
以降、Genreにとらわれることなく関西主要Clubでの週6〜7本以上のDJをこなし頭角を現すと、2016年には大阪発の大型音楽フェス「MUSIC CIRCUS」、「NEON SPRUSH RUSH」へと参加。
新たなる可能性を求めてフリーでのDJ活動へと転身した後、2017年にはDJ LEAD(Heavy Hitters)率いる日本国内の主要都市、New York、アジア各国で活躍する著名DJ、敏腕プロモーターたちが名を連ねる「Arumatiks」へと加入。
現在は西日本を代表するHiphop、R&B、Club Musicの発信源「GHOST ultra lounge」(アメリカ村)にて自らがオーガナイズするWeekly Party「ANSWER」(毎週水曜日)をスタート。
同Clubのヘッド・ライナーDJとしては異例の若さでの抜擢で、
平均年齢20台前半のフレッシュなDJ陣と共に、新感覚のオープン・フォーマット・スタイルでのPartyを提示。次世代Club Sceneを担うDJの筆頭格として将来を嘱望されている。

■Instagram
Click here!

■Twitter
Click here!

新型コロナウイルス感染症防止対策

totop